ダメージを受けてしまった肌を回復させる‐目の周りが乾く‐

ダメージを受けていると感じる肌の乾燥と異常な程のデリケートさは何とか成らないのでしょうか。
痛んだ肌は少女の頃のような弾力とハリとつやを取り戻すのは、難しいのでしょうか。
そんなことは無いから大丈夫だと、天の声が聞こえてくるようです。さぁ、対処法はドコまであるかを探っていきましょう。

 

◆乾燥の原因

 

本来の肌は水をいれて膨らませた風船だと想像してください。プルンとして張りが有りうるうるして、透き通るように透明感がある肌。

 

肌が元気な時は、外部からの紫外線やホコリ、ありとあらゆる刺激を弾き飛ばしてしまう力があります。

 

体調の崩れや何らかの刺激で、角質層の細胞が一つコロッとこけると、芋づる式に次々と隙間ができ、隙間から水分が蒸発しているのが乾燥肌です。

 

肌が乾燥すると、細胞の隙間に刺激が入り込みやすくなり、化粧負けやアレルギーかと思うような反応が現れます。

 

◆じゃあ早く治しましょう

 

乾いているからと化粧水をばしゃばしゃ付けても、なんだかすぐにカサカサになるなぁとお考えでしたら、肌の細胞がすかすかで内部に浸透せず、水分が中に留まっていない状態かもしれません。

 

保湿スキンケアは皮脂を取り過ぎない洗顔と、そのあと細胞をふっくらと戻すセラミドを回復させ、やせて干からびたコラーゲンを元の姿に戻します。

 

バリヤー機能を取り戻し、肌の内部に水分をキープ、ぷるぷるのお肌を回復させます。

 

◆それはもしかして精神論的なお話ですか

 

いいえ、これは行動派にピッタリの一晩ケアで、次の朝には効果が見られます。

 

かぼちゃの馬車のお話かしらとお思いかもしれませんが、保湿さえ肌に施せば簡単に一晩で肌は蘇ります。

 

ターンオーバーをシッカリとしたリズムに戻すには、約2週間ほど続けてみてください。
艶やかな肌をお約束します。

メニュー